TOPSCHEDULE ≫ 2016.03.11 Fri

  Manimania  【Live】Mani Neumeier + Mandog + AYA(OOIOO) 【DJ】小林径 / ERA / 7e / 中原昌也 / SEI        

2016.03.11 Fri


今年もマニがやってくる!

この金曜夜、盟友Mandogと共にトリオを組むのは AYA from OOIOO!!!


更にはライブ前を昌也兄ぃがDJで!

そして、饗宴に続いてERA、小林径、7eと文句なしの組み合わせ!


東北への思いを込めて。


*尚、当初出演予定の勝井祐二氏は非常に残念ですが

本人の怪我により出演を控えさせて頂く事になりました。ご了承ください。
 

今年もマニがやってくる!
この金曜夜、盟友Mandogと共にトリオを組むのはAYA from OOIOO!!!
更にはライブ前を昌也兄ぃがDJで!
そして、饗宴に続いてERA、小林径、7eと文句なしの組み合わせ!
東北への思いを込めて。
尚、当初出演予定の勝井祐二氏は非常に残念ですが
本人の怪我により出演を控えさせて頂く事になりました。ご了承ください。

<Flyer design/ 中原昌也>


Manimania


Start/ 22:00 
Ent/ 1500yen(w1drink)


<LIVE>
Mani Neumeier + Mandog + AYA(OOIOO) 


<DJ>
小林径
ERA
7e
中原昌也
SEI



OTHER INFORMATION

Mani Neumeier
1967年、ドイツにおけるフリージャズの草分けであるイレーネ・シュヴァイツアー率いるトリオに参加。スイスで最初のインプロヴィゼイション・グループとしてヨーロッパ各地で注目される。
1968年夏、イレーネ・シュヴァイツアー・トリオのベーシスト、ウリ・トレプテとともにグル・グル・グル―ヴとしてスタート。
1969年春にバンド名をグル・グルとし、何人かのメンバが出入りした後に、アジテーション・フリーに在籍していたことのあるアクス・ゲンリッヒを迎える。1970年6月にOhrレーベルからデビューアルバル「UFO」を発表、次いで1971年7月にセカンドアルバム「HINTEN」を発表、1972年にはサードアルバムの「KANGURU」を発表。その後、ウリ・トレプテが脱退してから、マニ・ノイマイヤーを除くメンバーを次々に入れ替えながら1970年代末まで活動を継続。その後1980年代後半に復活させ、今日に至る。
グルグルはフリーミュージック/インプロヴィゼイションを中心としたグループで、当時のロック・シーンはもとより、サイケデリックや精神世界に精通する人々に大きな影響を与え、ヨーロッパ中にその名を広めることとなった。グルグルはその後、ジャズや民俗音楽なそ様々な音楽的アイデアを吸収し発散させるロック・グループとして、現在も活動している。
マニ・ノイマイヤーはグルグルと並行して様々な音楽-作品に参加し、自己の音楽探求を怠らなかったが、近年特に活発な活動を展開しており、マニを中心に様々なプロジェクトの発足やCD制作が進行している。中にはプロジェクトごとバリ島に赴き現地のガムランとのセッションを収録したものなど、民俗音楽への探求が注目される。いずれにしても、パーカッショニストという枠を越えた活動を展開する怪・超・音楽家である事は確かである。
また、東京タワー鑞人形館にはドイツの偉大な音楽家として彼の鑞人形が展示されている。更に、彼の参加した発表録音物は50を軽く越える。
 

Mani Neumeier
1967年、ドイツにおけるフリージャズの草分けであるイレーネ・シュヴァイツアー率いるトリオに参加。スイスで最初のインプロヴィゼイション・グループとしてヨーロッパ各地で注目される。
1968年夏、イレーネ・シュヴァイツアー・トリオのベーシスト、ウリ・トレプテとともにグル・グル・グル―ヴとしてスタート。
1969年春にバンド名をグル・グルとし、何人かのメンバが出入りした後に、アジテーション・フリーに在籍していたことのあるアクス・ゲンリッヒを迎える。1970年6月にOhrレーベルからデビューアルバル「UFO」を発表、次いで1971年7月にセカンドアルバム「HINTEN」を発表、1972年にはサードアルバムの「KANGURU」を発表。その後、ウリ・トレプテが脱退してから、マニ・ノイマイヤーを除くメンバーを次々に入れ替えながら1970年代末まで活動を継続。その後1980年代後半に復活させ、今日に至る。
グルグルはフリーミュージック/インプロヴィゼイションを中心としたグループで、当時のロック・シーンはもとより、サイケデリックや精神世界に精通する人々に大きな影響を与え、ヨーロッパ中にその名を広めることとなった。グルグルはその後、ジャズや民俗音楽なそ様々な音楽的アイデアを吸収し発散させるロック・グループとして、現在も活動している。
マニ・ノイマイヤーはグルグルと並行して様々な音楽-作品に参加し、自己の音楽探求を怠らなかったが、近年特に活発な活動を展開しており、マニを中心に様々なプロジェクトの発足やCD制作が進行している。中にはプロジェクトごとバリ島に赴き現地のガムランとのセッションを収録したものなど、民俗音楽への探求が注目される。いずれにしても、パーカッショニストという枠を越えた活動を展開する怪・超・音楽家である事は確かである。
また、東京タワー鑞人形館にはドイツの偉大な音楽家として彼の鑞人形が展示されている。更に、彼の参加した発表録音物は50を軽く越える。
 

MANDOG
MANDOGはギタリスト・宮下敬一のソロの名称である。
R&R、R&B、ブルース、ジャズ、カントリー、アバンギャルド、民族音楽、ジャーマン・ロック、現代音楽など自身に影響を与えた音楽の点と点を繋ぎ、強烈な疾走感と浮遊感を併せ持つ独自のギター・スタイルを形成した。

2001年以来、25タイトルを超えるCDとLPをリリース。
国内の音楽フェスやクラブ、ライブハウスに出演、アジアと西欧諸国での活動も行っている。
ドイツ前衛ロック・グループ「CAN」に在籍していたダモ鈴木や「GURU GURU」のマニ・ノイマイヤーとの親交も深く、国内外で幾度となく共演を行っている。
 

MANDOGはギタリスト・宮下敬一のソロの名称である。
R&R、R&B、ブルース、ジャズ、カントリー、アバンギャルド、民族音楽、ジャーマン・ロック、現代音楽など自身に影響を与えた音楽の点と点を繋ぎ、強烈な疾走感と浮遊感を併せ持つ独自のギター・スタイルを形成した。

 

 

AYA
OOIOO、SURFERS OF ROMANTICA他のベーシスト。1989年に日本のノイズ・アヴァンギャルドシーンで活動を始め現在に至るまで、bassist/composer/improviserとして国内外で活動する。 
 

POSTED BY R

MOBILE QRCODE

RSS

HOME SCHEDULE WHAT'S NEW PHOTO GALLELY MOVIE / USTREAM HOW TO GO / CONTACT