TOPSCHEDULE ≫ 2017.10.12 Thu

House Of Bonobo - 2nd Anniversary Special Edition Pt.2 feat. Chris Coco

2017.10.12 Thu

 

Start: 9PM
Fee: 1500yen (incl. 1drink)

 

 

 

 

 

 

House Of Bonobo - 2nd Anniversary Special Edition Pt.2 
feat. Chris Coco History Of Balearic (Past⇔Future)

 


DJ: 
Chris Coco (BALEARIC / Melodica Recordings)
Yoda Taro
Yoshi Horino (UNKNOWN season)

 


Food 2F:
Namaste Chai Shop

(ダルスープと野菜のベジタリアンカレー、山羊のマーナリー風のノンベジタリアンカレーの2種をご用意。お米は バスマティライス。800円)

 

 


Food Front Bar:
KAORU

 

 

Bar:
haluka-*


 

Info: 
bonobo www.bonobo.jp
UNKNOWN season www.unknown-season.com

 

 

----------------

House Of Bonobo2周年を記念したスペシャル企画第2弾は、2年前に素晴らしいDJセットを披露してくれた、生ける伝説、Balearic Masterの1人、Chris Cocoを招致。前回に引き続き、「Histrory Of Balearic(Past⇔Future)」と題し、この日のためにスペシャルでレアなセットを披露してくれます。「Balearic」のクラシックから進行形のフューチャークラシックまで。そのワードを紐解く貴重な一夜になることは間違いないでしょう。
そして、89年にセカンド・サマー・オブ・ラブに衝撃を受け、DJを始めると共に、ロック、ダンスのレーベルを数々と始動。1999年に自身のパーティーであるMothership、the oceanをスタート、同時にフリー・パーティーBalearic Sunriseに参加。リアルタイムでDanny RamplingやPaul Oakenfold, Terry Farley, Andrew Weatherall等をフォローし、同時にマンチェスタームーブメントをきっちりとカバー。それ以降の進化するプログレッシヴ・ダンスミュージックを追い続ける、ヨーロッパサイドからダンスミュージックヒストリーをカバーしいまなお文化を伝え続けている数少ないDJ YodaことYoda Taroを招致。2005年よりageHaのトランス・パーティ−MAGNIFICENTのレジデントとなる。これまでMorning TracksシリーズなどのMix CDをリリースしているのは周知のところ。また、Yodaが運営していたレーベルの1つ、Horizonより2003年に既にContoma(Phil Mison)のアルバムをリリースしていたことも頷ける。昨年のHOB1周年のゲスト出演に続いて今年もアニヴァーサリーに参加。
2周年スペシャル企画として洋邦レジェンドを招いてのHOB2周年Pt.2を開催します。
是非お誘い合わせの上いらしてください。心よりお待ち申し上げます。

 

 


OTHER INFORMATION

Chris Coco

音楽ユニットCoco Steel & Lovebombで1990年代から人気を集め、その後ソロ・アーティストとしてカ フェ・デル・マーのコンピレイションやイビザ・チルアウト系で多くのシングルやリミックスを手がける。 イビザのカフェ・デル・マー/カフェ・マンボーのレジデントDJとして活躍し、ホセ・パディーヤと並び 称されるバレアリック/チルアウトの中心人物であり、音楽情報番組MIXCLOUD「MELODICA」を毎週 配信、年間チャート第2位を3年連続獲得し、地球上で4万人以上のリスナーを持っている。Calm/jan and naomiとの共演作も含む最新アルバム『My Favourite Place (Before Sunset)』を7/5にSuburbia Recordsからリリース。

http://www.chriscoco.com/

 

 

YODA TARO

1989年Second Summer Of Loveに大きな衝撃を受けインディーダンスのDJをスタート、90年代中旬のレイヴムーブメントから数多くのレイヴでDJ、オーガナイズを行う。1999年に自身のパーティーであるMothership、the oceanをスタート、ヨーロッパのトランス、プログレッシブハウスのDJを数多く招聘し現在につながるシーンを東京に作った。DJとして一晩のパーティーを演出するスタイルでフロアの風を読みトランスからハウス、テクノ、プログレッシブまでジャンルにとらわれることなく幅広く選曲するスタイルはまさにパーティーDJといえるだろう。


www.yodataro.com https://twitter.com/YODATARO

 

 

Yoshi Horino

'91よりDJスタート。Dance Music RecordにてHouse担当バイヤー兼セーラーを務めた後、’97よりFlower Recordsに所属し、世界基準のレーベルとして国内外に周知させる。同時に'01にFlower Recordsより、Hiraku Nagasawaとの共作、H&H名義でStop Your Love(incl. King Britt Remix)を12inch vinylをリリース。 DJとしてもMiami WMCほか、UKツアーを行う。また同時期にDJ CosmoのリコメンドでDavid Macuso主宰The Loftのウェブサイト内、「ear candy」にてリコメンドディスクを紹介する等、ダンスミュージックにおける審美眼は世界で評価されている。独立後、Kitsune、mule musiq、Tigersushi、Franck Roger、Timmy Regisford、Quentin Harris、RSL他、国内外のダンスミュージックを中心にプロモーション、音源のライセンスコーディネーション、興行などを行う。‘10よりレーベルUNKNOWN seasonをスタート。Rick Wade, Ian O’Donovan, Dan Curtin, Tigerskin, Soichi Terada, Kuniyuki Takahashi, Pete Moss, Satoshi Fumi, Hiroshi Watanabe, Gonno, The Backwoods, Pablo Valentino(MCDE), 9dw, SEKITOVA, Foog, Dazzle Drums, Lo Hype, Iori Wakasa, YOSA, Masahiko Uchikawaなど様々なアーティストの作品をリリースし、Laurent Garnier, Juan Atkins, Joris Voorn, James Holden, John Digweed, Satoshi Tomiie, Guy J, Tensnake, Jimpster, Sebo K., Stacey Pullen, DJ Sneak, Osunlade, Danny Howells, DJ Alfredo, DJ Nature, Chris Coco, Lay-Farなどから高い評価と信頼を得ている。近年はYoshi Horinoオリジナル作品を、ドイツの名門Dirt Crew RecordingsからDirt CrewのBreak 3000と共作しリリース。Asia Musicよりリリースしたソロ作品”Sweet Memory”はSashaより「Good vibes here」と評価を得る。また個人名義の他に、Satoshi Fumiとのプロジェクト、YoshiFumiとしてプロデュース、リミックスを中心に活動。Kenny Bobien、Rick Wade、Alton Miller、Manabu Nagayama & Soichi Terada、Nick HolderのレーベルDNH Records、Mop Of Headの作品のリミックスを手掛ける。また現在、国内外より他数リリースが控えている。 近年DJでは、都内はもとより地方各地、中国ツアーなども行う。20年以上の音楽活動をオリジナルのスタイルへ昇華させ、DOPEな世界とPOPSが共存する、セクシーでヘビーな美しい世界観を繰り広げている。


https://jp.residentadvisor.net/dj/yoshihorino https://soundcloud.com/yoshi-horino

 

 

POSTED BY haluka-*

MOBILE QRCODE

RSS

HOME SCHEDULE WHAT'S NEW PHOTO GALLELY MOVIE / USTREAM HOW TO GO / CONTACT