TOPSCHEDULE ≫ 2017.10.14 Sat

ゆにふぁむないと~★ 内海イズル, Andrew Pekler, くふき

2017.10.14 Sat

 

10/14()

 

ゆにふぁむないと~★

 

場所:原宿bar bonobo

時間:22:00~朝まで

入場:¥1,500/1D

 

Guest DJ :

内海イズル

 

Guest Live :

Andrew Pekler

くふき

 

Live :

Cooriu

 

DJs :

DrCRASH

Pretty Prince a.k.a PRIPRI (RhythmScience/BlackNote)

MMZK

MST-VRN

AKI PALLADIUM

則武周平

澤村泰介(吾亦紅/GARDEN)

SSK

 

弾き語りLIVE

奥山'YOUNG'一平 + 南風


OTHER INFORMATION

-内海イズル-

サウンドクリエイター、音楽プロデューサー、DJ、音楽愛好家として各方面から信頼厚く、ベテランでありながらその表現の可能性はいまだ未知数である。

73 年頃から現在に至るまで、ロック、ファンク、ソウル、ジャズ、フュージョン、ニュー・ウェイブ、パンク、レゲエ、ダブ、ラテン、ブラジル、アフロ、エレクトリック・ダンス・ミュージック全般(ハウス、テクノ、ヒップ・ホップ、エレクトロ、ブレイクビーツなどそれぞれ黎明期から)、世界各地の民俗音楽、クラシック、現代音楽、サウンド・トラック、環境音、冗談音楽、流行歌を含めたあらゆ る日本の音楽など、いわゆる音楽から具体音まで古今東西のあらゆる音に興味を持ち、それら未知なる音との出会いを繰り返してきた。 

80年代中期より第一線でのDJ活動を続けており、アートスペー ス、クラブや野外音楽祭、ミュージシャンとのセッション、 映像作家とのコラボレーションなど、そのアグレッシヴな表現活動は幅広く知られ、独創的な世界観は他の追随を許さない。

これまで、Utsumi名義で DISORIENT, Ubiquity, SSR, Yellow Production など海外のレーベルを中心に作品をリリース。

内外から高い評価を獲得している。

1990年代には、「スイート・エスパニョール」全7枚、「ブラジリアンス!」全9枚をダンスフロア向けにコンパイルするなど、当時圧倒的に情報の少なかった非英語文化圏の音楽 を積極的に紹介することに情熱を注いだ。 

2000年代始めには初のソロアルバム発表、2度の EURO DJ TOUR を実現、その頃から izzy 名義での実験的な表現活動も展開している。

2012年に自身のレーベル Auwa Records を始動、2013年にはizzy 名義での EP Utsumi 名義でのミニアルバム、Black Smoker Records から MIX CD を発表するなど、その表現活動は今後も目が離せない。

http://www.auwarecords.com

-Andrew Pekler-

ロシア出身、ベルリン在住のAndrew90年代後半からアンビエント、エクスペリメンタル、そしてエレクトロニカ・アーティストとして活躍している。

ドイツのストレンジバンドSad Rocketsの首謀者。

ソロでは Stefan BetkeScapeや、シカゴのKrankyといったレーベルから5枚のアルバムをリリース。

2000年初期に Klang Elektronik からリリースしているBergheim 34のメンバーとして、またHanno LeichtmannJan JelinekのトリオGroupshowとしても活躍している。 

-くふき-

やおよろずの音楽に影響をうけて"いま"の音楽を創作する肉体派音響バンド。

日本の伝統を推し進めた電子舞踊の世界はまさに大迫力の一語。

ドイツ、イギリス、ポルトガルからアルゼンチン、コロンビア・チリまで海外での評価も高く、2013年には韓国、2014年にはヨーロッパと、海外ツアーも積極的に行っている。

旬の音楽家を集めた一大イベント"くふきの大豊年祭"(六本木SuperDeluxe)、実験ダンスパーティ"animal"(神宮前bonobo)等、イベントも精力的に開催。

6年ぶりの新譜となる"どどめe.p."201712月英国JapanBluesよりリリース予定。

http://kufuki.jp/

POSTED BY K

MOBILE QRCODE

RSS

HOME SCHEDULE WHAT'S NEW PHOTO GALLELY MOVIE / USTREAM HOW TO GO / CONTACT