TOPSCHEDULE ≫ 2018.01.04 Thu

NEW YEAR PARTY 2018 2018. 1.2. 3PM to 1.4. 3PM forestlimit 48H at bonobo "Close Encounters - We Are Not Alone"

2018.01.04 Thu

1/2 3pm - 1/4 3pm

Entrance 1500 yen

 

AIWABEATZ
AKIRAM EN
Aspara
CHERRY BOY FUNCTION
DJ SOYBEANS
DJ SOYBEANS x Sports-koide ( 水 TECHNO B2B set)
DJ YAZI
DNT
DODDODO
FUCK MASTER FUCK
Ginji
GO MAX KATAOKA
HAIR STYLISTICS
HOBO BRAZIL
KIRAYAMA
Kotsu
KUROSAN(黒パイプスターダスト+Ben Sanair)
MAKKOTRON A.K.A. ひよこ
Manabu”J”Murata a.k.a サブカルコマンドーJ (KURUUCREW)
MARI SAKURAI
ROCKDOWN
SEI (bonobo)
Shhhhh
speedy lee genesis
SPINNUTS
UNBE
YELLOWUHURU
You me
ZuKaRoHi
テクノウルフ
テンテンコ
とも奴
ナパーム片岡
ミナミリョウヘイ
パッチアダムス
花澤王(ENERGISH GOLF)
黒電話666
小林 径
脳BRAIN
矢部 直
李ペリー
37A

and MORE!!!!!!!!!!

 

開催に際して  DJ Soybeansよりお便り

さてやはりこの時季がやってきましたね。

年 末 年 始 !!!

今の現代日本人にはまとまった休みというのはこの年末年始しか無いのかと思うと憂鬱になるのと同時に諸外国のように年間有給休暇30日レベルになってほしいと、そんな願望が自分を襲います。

日本の皆さんは常にこの状態、、、働きすぎでしょ!?

そんな状況であっても夜な夜なまたは真昼間から遊びに各所に混在する”箱”に通う皆さま、本当に素敵です。世の中の全てのことがインターネットで知り得るはずも無く、実体験がなければ想像でしかない、外で人と会うことがどれだけ大事か。

他人に自分の頭の中での物事・考え事をアウトプットさせると向こうからの思いもしないリアクションで全く考えもしなかった新しい事を思いつくものです。

その場として”箱”は十二分に機能していると自分は感じていて老若男女問わず遊びに訪れ、くだらない話をしていく中で人から影響を受けるのだと思います。その影響が世の中を面白くしたり良い方向へ向かわせると信じております。

42組の出演者、タイムテーブルを組むのは簡単ではありませんが出演してくれた皆さまの大きな理解があってなんとかまとまりました。また、forestlimitでの開催は難しいと判断した後の場所探しは本当に悩みました。

大阪でやるのもいいんじゃ無いかと思ったり熟慮を重ねました。

その中でbonoboが引き受けて来れた事は本当に嬉しく感謝しております。

今回のタイトルはClose Encounters – We Are Not Alone  接近遭遇、ハイネック博士の分類です。

“未知”との遭遇は不安だったり恐怖があるかもしれません、しかし未知の存在は我々が一人でない事も示しています。そして別の捉え方をすれば我々がマイノリティーだとしてもまた一人では無い事も示しているのです。

この48Hは一つの物語です。色々な人に来てほしいし物語に加わってほしいです。どの時間に来てもその物語の中の出来事です。貴方が来れる時間に遊びに来れば物語の登場人物になります。知らない人(未知)と出会ったり知らないアーティスト(未知)を見て感動したりする事で遊びに来た自身(未知)も一人では無いと感じて貰えたら嬉しいです。僕は48H居るので何か嫌なことが起こったり悩みがあったら相談してください、セイさんもナパームも居ます。

それではbonoboでお待ちしております。

What is “Close Encounters”?

Close Encounters – We Are Not Alone”— Napalm Kataoka, the owner of Forestlimit, titles the 48 hours-long new year party at Bonono as above. ‘Encounter’ is vulnerable. People have cultural, social and economical backgrounds, which often ruin the meeting under temporal freedom. However, at the same time, ‘encounter’, in other words with a bit of elaboration, ‘playing’ is also a powerful weapon. By closely sharing a certain place and time with others, you paradoxically forget the time and place where you are. As a result, the Post-Fordism depression is sentenced to a death penalty. The denial of the temporal discontinuation of pleasure— Mark Fisher, a late critic who committed suicide on January 2017, describes this idea of rave culture by way of Herbert Marcuse. This perspective resonates in some way with DJ Soybeans, one of the event organisers, who points out that people who meet up at a club coincidently have worthless conversation, which brings about “an influence that makes our world better and leads it to a right direction”.

Throughout the 48 hours, people on the dance floor become the producers of cultural-festive weapons. Unfortunately, we still need such a conceptechnical armament. On May 2017, Forestlimit announced that they will be gradually stopping their late-night operation in response to the “New Entertainment Establishments Control Law”, which came into operation in 2016, as they do not meet required conditions. However, simultaneously, Forestlimit released strong three words to the public; “party NEVER end”. A reality is cruel but a party is never able to stop as long as people are longing for it. Although there occur conflicts between them, there also appear a new era and unprecedented sounds, which represent your feeling in your time.

For example, Kotsu, one of the turntablisers of the event, listens to Florian Kupfer in a unique way. According to him, the rough sound of raw house “never sounds negative, and rather emanates a certain feeling which is shared amongst our generation”. A mutantexture of sound escapes from a traditional sensor in accordance with the transition in time. The universal contemporariness, which a sonic pulse itself talks about —That might be a tiny molecule. As Deleuze-Guttari maintain, a molecule is only part of the world, but it can reflect a situation or transition of society. The selectors of Close Encounters scoop up such universal molecules, and they are also the mutants of those elements; Folklores of the unknown tribes discovered by Shhhhh, Le Perrie operating spatial anachronism pops, the dark side of broken beats mediated through ZukaRoHi and Speedy Lee Genesis’s cosmic funk. Moreover, you become a sensor that perceives those mutantextures of sound.

 

In the time tunnel of 48 hours, you create a weapon out of ‘playing’ and discover a feeling of your generation or a transition of your time at the ‘party’. This is the outcome of inevitable encounters that take place coincidently. As Koichiro Kokubun deciphers the philosophy of Gille Deleuze, the world is a desolate place without any hopes and despairs, and something happens only when you encounter someone else. Then, we return to the begging of this text— “Close Encounters” is a conceptual starting pistol that introduces 2018. Here is an undeniable truth; 2018 begins with encounters and, at the same time, we are not alone.

Hayato Takahashi (Music Writer/Translator)

Close Encounters」とは何か?

Close Encounters―We Are Not Alone」―――今回Bonoboで行われる48時間パーティに、Forestlimit店主ナパーム片岡はこう名前をつける 。「Encounter」、つまり「出会い」とは儚いものだ。一時的な自由のなかでの物理的邂逅は、各々が抱える文化的、社会的あるいは経済的な背景により引き裂かれることがしばしある。だがそれと同時に「出会い」とは、もう少し付け加えれば、そこに生じる「遊び」とは、強力な武器でもある。特定の場所と時間を密に共有することにより、逆説的に自分が属する時間と場所さえも忘れることができる人間たちは、ポストフォーディズムの憂鬱に死刑宣告を突きつけることができる。「快楽の一時的な切断の拒否」。20171月に自害した批評家、マーク・フィッシャーがヘルベルト・マルクーゼを経由したどり着いたレイヴ・カルチャーの理念である。そして、この観点は今回の企画者のひとりDJ Soybeansと共振する部分がある。彼が言うように、クラブでたまたま出会った人々のくだらない会話が引き起すささいな「影響が世の中を面白くしたり良い方向へ向かわせる」のである。

この48時間パーティのなかで、フロアの人々は文化祝祭兵器の製造者へと生成変化する。残念ながら、我々にはそういった概念技術学的武装がまだ必要だ。20175月、Forestlimit2016年に施行された“新風営法”以降、その基準を満たすことが難しいと判断し、深夜営業を段階的に取りやめていくことを発表した。だが、その声明文には同時に「party NEVER end」という3ワードが添えられている。現実は牙を向く。だがその場所を必要とする者がいる以上、パーティは止まることができない。そこには軋轢が生じる。だが同時に新たな時代、新たな音も生まれる。

例として、今イベントのターンテーブライザーのひとりKotsuによるFlorian Kupferのユニークな分析へ目を向けてみたい。彼によればロウハウスのザラついた音には、「決してネガティブではなく、共通して必要不可欠な感情であって、むしろ自分と同じ世代に生まれた人間はより共感しやすい感情」が内包されている。時代的変遷にともない従来の価値基準から逃げる音の突然変異質。音そのものが語る普遍的現代性―――それは小さな分子かもしれない。しかし、ドゥルーズ=ガタリが述べるように分子とは世界の部分に過ぎないが、そこには大きな変革を写す何かがある。48時間に現れる出現する音のセレクターたちは、その宇宙分子をすくい上げる。さらにその者たちもまた、分子たちの突然変異態の一部だ。Shhhhhが発掘する未知なる民族のフォークロア、李ペリーがオペレートする空間的アナクロニズム・ポップ、ZukaRoHiを媒介とするブロークン・ビーツの暗黒面、Speedy Lee Genesisコズミック・ファンク。その音を前にして、到来する突然変異質を捉えるセンサーへとあなたは変化するのだ。

48時間に及ぶタイムトンネルのなかで、あなたは「遊ぶ」ことによって武器を生み出し、あなたが属する世界の同時代的感覚、あるいはその変遷を「パーティ」の中から発見する。それは偶然的な出会いが必然的に発生した結果である。國分功一郎が先のジル・ドゥルーズを読み解くように、世界とは絶望も希望もない無味乾燥とした場所であり、そこで物事が出会うからこそ何かが起きる。ここでこのテキストは冒頭に戻る―――「Close Encounters」とは、2018年の始まりを告げる概念的嚆矢だ。ここに否定しえないひとつの真理がある。その場には出会いがあり、その時、我々は1人ではないのである。

髙橋勇人(音楽ライター/翻訳家)

 

謹賀新年 / 近接遭遇 ー私たちは孤独ではないー ナパーム片岡

現在、作文中。

POSTED BY taro

MOBILE QRCODE

RSS

HOME SCHEDULE WHAT'S NEW PHOTO GALLELY MOVIE / USTREAM HOW TO GO / CONTACT