TOPSCHEDULE ≫ 2018.04.17 Tue

「majinai」 ZAFTIK (voodoohop) , 蟻アント , pAradice, Killy , uechi , 贈る言葉 , Bahwaka

2018.04.17 Tue

「majinai」

4/17(火)
神宮前bonobo
open:21:00〜
Entrance:¥1000(with 1drink)

Live
ZAFTIK (voodoohop) from Berlin
蟻アント

Dj
pAradice(LIFE FORCE)
Killy
uechi(火星人) 
贈る言葉(Bitch! Bloody Bitch!? & Supaluga)
Bahwaka 

shop 
planetbaby

Front Food Bar
shodai

Bar 
kanako

OTHER INFORMATION

ZAFTIK (voodoohop)

ZAFTIKの語感はドイツ語のsaftig(英語でjuicy)と何処と無く似ているが、これこそまさにClaire Côtéの意図するところ、フロアに瑞々しいバイブスを持ちこむ事を狙ったネーミングである。Ableton Liveを使ってセルフプロデュースされた彼女の楽曲は、個性的なヴォーカルとポエトリーの温度で彩られたダウンテンポのビートとソウルフルなメロディーを特徴とする。落ち着いたテンポの中でこそ、よりjuicyなクリエイティビティが生きる余地があると彼女は考える。Claireのパーティーシーンでの活動の原点がベルリンのvoodoohopだったことからも垣間見れるように、少し実験的でトライバル、グルーヴィーでメロディカルなヴァイブスが彼女の音楽に特徴的だ。元々はPeter Lay (electronic welfare)との共同プロジェクト”quest:in:time”でプロデュースを始めたClare、アメリカ南部の黒人ゴスペル民謡などを取り入れたトラックなど、同プロジェクトからのお気に入りの曲を交えたセットを披露する。

https://soundcloud.com/zaftikmusik

ZAFTIK sounds like the German word, saftig, meaning juicy, and this is Claire Côté’s aim - to bring juicy vibes to the dance floor. Her music is self-produced with Ableton Live and incorporates unique vocal samples and some heart-felt poetry set to juicy, down-tempo beats and soulful melodies. She feels there’s more room for juicy and creative movement when the beat is slower. Claire came into the party scene of Berlin as a performer with Voodoohop, and this shows in her slightly experimental and tribal, yet groovy and melodic, vibes. She originally began producing in the collaborative project - quest:in:time - with Peter Lay of electronic welfare, and she plays some of their favorite tracks in her set, which include historical folk-gospel vocals from the African American South.

POSTED BY kanako

MOBILE QRCODE

RSS

HOME SCHEDULE WHAT'S NEW PHOTO GALLELY MOVIE / USTREAM HOW TO GO / CONTACT