TOPSCHEDULE ≫ 2018.08.18 Sat

AKIRAM EN『Mekano 1974-92』Release Party

2018.08.18 Sat

BLACK SMOKER & FORESTLIMIT Presents...

AKIRAM EN『Mekano 1974-92』Release Party

- bonobo night side -
Day : 2018/8/18[sat]Open : 23:00
Venue : bonobo
ENT : 2,000jpy (w/1D)

DJ :
AKIRAM EN
COMPUMA
Chee Shimizu
DJ YAZI
Mari Sakurai

2F deep listining lab "ideala"
ideala DJ's :
tatsuhiko sakamoto , Pianola ,Ginji , mikumari ,
AIWABEATZ , wagot , eminemsaiko , Pallaksch , oi , Dubby , Tsukasa , EMARLE , 花澤王 , Megoe

FRONT BAR :
KAMO × 朝亭 おそい

■■■■■■■■■■COMMENT■■■■■■■■■■■■

そこはいつも永久に遠くはなれ、荒涼として美しい風変わりな場所だった。苦悩も貧困もすぐそこにあるのは知っていたけれど、全てのエネルギーをかけてそれらを拒否した日々。ただこの世界のその不思議な響きと、その響きが誰の心にもわかちあたえる感動だけが真実であり、おぼろげな陶酔と肯定の瞬間は霊感の源泉だった。ここに逆説的に予感されているのは、そんな幸福の呪縛から私たちを解き放つ時代の到来であると私は感じた。
BING・カジワラトシオ (Antibodies Collective・ヒト族レコード)

日常を抜け、すっと深層へと誘われ、そこで繰り広げられる世界はカオスのようで妙に心地よい。AKIRAM ENの感覚でミックスされた、ただただ体験するのみのマジカルな音のヴィジョン。定石のグルーヴなどひとつもないけれど、とても踊りたくなる音楽です。
斉藤 (NEWTONE RECORDS)

あえて小さな音量で聴いてみた。奇妙な音楽の奇妙な音たちが立体的に飛散している。機械的な音しか聞こえてこないが、冷たくはない。都市型音楽だが、自然的である。ことのほか一瞬で聴き終えて、またはじめから聴いている。螺旋のような時間感覚だ。
Chee Shimizu

梅雨明けが早過ぎる年の6月の最終日。直射日光とガラスを隔てた空調の効いた車内から見える山と岩。このミックスを聴くシュチュエーションとしては出来過ぎていると感じました。湖へはもうすぐです。
MATERIAL (CARRE, MGMD A ORG.)

こちらとあちらの狭間、どちらでもない場所で続けられる限りなく研究に近い儀式的遊戯。「それ」は確かにそこにあるということを実感させてくれる。AKIRAM ENは気付いてる。
HIKARI (Granule)

箱根の森でVRしながら読書していた彼ら、石像になってしまった彼らをよそにそのままの形を保つMONSTER。
気をつけて聞いて欲しい、Mekanoは何が起こるか分からない。
DJ SOYBEANS

「最高だねぇ!以前からうさんクセェ野郎だと思っていたけれど...クール過ぎる。だから夏に流しっぱなしにピッタリです!」
中原昌也・Hair Stylistics

POSTED BY taro

MOBILE QRCODE

RSS

HOME SCHEDULE WHAT'S NEW PHOTO GALLELY MOVIE / USTREAM HOW TO GO / CONTACT