TOPSCHEDULE ≫ 2018.10.03 Wed

HOUSE OF BONOBO SPECIAL feat.Terry Farley(Boy's Own)

2018.10.03 Wed

遂にあのレジェンドがBonoboに!

DJ: 
Terry Farley(Boy's Own)
Yoda
Yoshi Horino(UNKNOWN season)
Willie (TRANSiT / Walearic)
田中 The Record 
Ken Hidaka (hangouter/ Lone Star)

Food:
サイババキッチンあべんべ @Cocotable

--

テリー・ファーレイ (Terry Farley) 
ジュニア・ボーイズ・オウン(Junior Boys Own)レーベルと伝説的ファンジンであるボーイズ・オウン (BOY’S OWN) の創設者であるロンドン出身のテリー・ファーレイはアンダーワールドとケミカル・ブラザースをこの世界に紹介した功績で知られている。彼は80年代後半からUKクラブ・カルチャーのオリジネイターとして週末ごとのDJやプロデューサーとして現在まで30年以上活動続けている。
彼のスタイルはロンドンのソウル・ボーイとして30年以上変わらずアンダーグランドであり続けている、50年代のスカ、レゲエ、60年代のソウル、70年代のファンクとレア・グルーヴ、そして80年代のシカゴ・ハウスとアシッド・ハウス、彼が熱心に追い続けてきた音楽はすべてパーティーのためのダンスビートだ。
ボーイズ・オウンはテリーと友人のアンディー・ウエザーオールやアンダーワールドのマネージャーであるスティーヴ・ホールらにより創設され、アンダーグラウンドなパーティーやストリート・ファッションに関するファンジンの創刊、パーティーのオーガナイズを経てレーベルを立ち上げる。その後本格的なレーベルとしてジュニア・ボーイズ・オウン(以下JBO)を創設、ケミカル・ブラザーズ、アンダーワールド、エクスプレス・2など数多くのアーティストを世に送り出した、彼はイギリスのクラブ・カルチャーの土台を作った世代の中心人物といってもいいだろう。
2013年に彼が監修した初期アシッド・ハウス、シカゴ・ハウスの5枚組コンピレーション「アシッド・レイン」はディスクロージャーやThe xxなどの新世代がディープ・ハウスを再発見、再構築してゆくなかで大きな話題となり、2014年には第二弾である「アシッド・サンダー」が発売となっている。
クリエイターとしても1990年にプライマル・スクリームの「ローデッド」やハッピー・マンデイズやファームのリミックスで時代をリードし、盟友Pete HellerとのユニットFarley and Hellerなど様々な名義で活動し数多くのオリジナルやリミックスを制作している。
www.boysownproductions.com/

POSTED BY makiko

MOBILE QRCODE

RSS

HOME SCHEDULE WHAT'S NEW PHOTO GALLELY MOVIE / USTREAM HOW TO GO / CONTACT