TOPSCHEDULE ≫ 2020.03.19 Thu

Rouge

2020.03.19 Thu

 

 

Rouge


MizukiLeo Gabrielが作る新しいパーティRouge
第5回目は、HOUSEやDISCOを軸に彼独特のグルーヴで惹きつけるSUZU、そして現在渋谷Tangleで精力的に活動中のcabbage boyをゲストに迎え開催。

 

Open: 21:00~5:00
Entrance: 1500yen w/ 1drink

 

Guest dj’s:
SUZU (CHARGE/KEY/BUMS)
cabbage boy

 

Resident dj’s:
Mizuki
Leo Gabriel

 

Shop: Tiny Bird Coffee Service
Food Front Bar: KAORU
Bar: haluka-*

 

#dj #club #bar #lounge #rouge #bonobo #japan #tokyo #jingumae #music #jazz #nujazz #latinjazz #acidjazz #brokenbeats #house #deephouse #techno #minimal #disco #drumnbass #liquidfunk #soul #funk #latin #salsa


 

OTHER INFORMATION

“SUZU”

HIPHOPのMIXを耳にした事をきっかけにBLACK MUSICに没頭。その過程で体験した、あるDJに衝撃を受け現在に至る。HOUSEやDISCOを軸に、偏見を持たずこだわりを持つ事をモットーとし、SOULを感じる音楽を日々探求中。現在はCHARGE@青山蜂、KEY@KOARAやBUMS等を中心に精力的に活動中。

 

“cabbage boy”
20歳の頃に新宿ROLLING STONEにて活動開始。
その後は新宿BE-WAVEや、代官山SALOONにて毎週のようにパーティーを主催するも一旦ストップ。
しばらくのんびりしてましたが、10月からTangleにて新パーティー『新天地』のメンバーとして活動中。

 

“Mizuki”
10代半ばに聴いたディープハウスをきっかけに、テクノやハウスに傾倒。その後まもなくしてDJもスタートする。ハウスやテクノに特化してプレイするDJが決して多くはない10年代後半の東京で、ハメ系テクノからパーカッシブなハウスまでイーブンキックを軸に実に幅広いトラックをセレクト、フラットにミックスする様は新しい世代の台頭を感じさせてくれる。ageHa,VISIONなど若者が集う週末のビッグパーティーへの出演はもちろん、OATHやbar bonoboといった東京のアンダーグラウンドなベニューでも定期的にプレイ。その場所で出会う幅広い音楽やカルチャーが、彼女をさらに深いイーヴンキックへの世界へと誘うだろう。

 

“Leo Gabriel”
2015年よりDJとしての活動を開始。
現在、RED BARとbar bonoboにてレジデントを務めるパーティーを持つ。
尊敬する父でもある Raphael Sebbag にインスパイアされたジャズを軸に生音と打ち込み、ジャンルやリズムフォーマットといった境界を自在に越えるプレイは、さらなる新旧の音源の探求と時代への嗅覚によって独自の進化を続け、断絶されたリスナーの世代を再び繋ぐ可能性を持っている。
常にダンディなスーツに身を包みブースに立つ姿は父譲りかもしれない。

 


POSTED BY haluka-*

MOBILE QRCODE

RSS

HOME SCHEDULE WHAT'S NEW PHOTO GALLELY MOVIE / USTREAM HOW TO GO / CONTACT